郵政民営化に伴って、郵貯の業務が分社化されたため、郵貯の学資保険は「株式会社かんぽ生命」という会社の商品になっています。

郵便局の時代には、郵貯の学資保険と呼ばれていましたが、今では新学資保険と呼ばれています。

加入できるコースは、郵貯の学資保険には全部で4種類あるといわれています。
年齢制限は、15歳、18歳満期の物と、生存保険付きでは、18歳と22歳の4種類の郵貯の学資保険になります。

また、郵貯の学資保険は保険の契約者にも年齢制限が設けられています。
これは、結婚できる年齢に合わせて作られたもので、男性は18歳から女性は16歳から郵貯の学資保険に加入することができます。
被保険者は、コースにもよりますが、0歳から郵貯の学資保険に加入できるという点で共通しています。

郵政民営化で、郵貯の学資保険から他の会社へ乗り換える人も多くいたようです。
直接郵便局の窓口で相談を受けた人もいるかもしれませんが、一概に郵貯の学資保険が損になるとは言えないと思います。

加入した時期や、それからの経過年数などを考慮して郵貯の学資保険を計算する必要があるからです。
解約をして、郵貯の学資保険から新しい生命保険に入る際には、注意が必要かもしれません。


郵貯の学資保険を解約して他の会社にしようと考えている人は、今一度色々調べてみる必要があります。
なかなか素人判断では難しい点もあるかもしれませんが、郵貯の学資保険について窓口で相談することもできます。

その上で、ソニー生命やアリコなど他の学資保険の窓口でも相談をしてみると郵貯の学資保険とどちらが得になるのか分かるのではないでしょうか。

インターネットでも、郵貯の学資保険についての情報が乗っているので、一度参考までに見て研究してみると良いでしょう。

最近では、郵貯の学資保険に対抗して、明治安田生命やプルデンシャルの学資保険なども力を入れているようです。

その他にも、共済組合の行っている学資保険も、郵貯の学資保険と同様によく見かけます。
地域性を生かした学資保険としては、県民共済の学資保険などもあり、郵貯の学資保険と内容を比較している人もいるでしょう。
アフラックなどは、医療保険が有名ですが、学資保険の取り扱いもあり、郵貯の学資保険より安心して利用する人もいるかもしれあせん。
しかし、郵貯の学資保険の良い点は、郵便局で手軽に入れるという点ではないでしょうか。
郵政民営化で、郵貯の学資保険は郵便事業とは別会社になりましたが、郵便局から払い込みができるようです。

郵便局に郵貯の学資保険の窓口も設けられているという点も、メリットでしょう。
また、近くに郵便局がないという場合には、保険係員が郵貯の学資保険の説明を兼ねて訪問をしてくれるということもあります。

例えば、郵貯の学資保険を毎月定額で支払うという方法が一般的になるかと思います。
定額で振り込む際にも、郵貯の学資保険を毎月払い込む事もできます。
ついつい払込日を忘れてしまう場合には、郵貯の学資保険では口座から引き落としをすることもできるので便利です。

また、ユニークな積立方法としては、金額的に余裕がある時に郵貯の学資保険料をまとめて払うシステムもあります。
因みに、一月ごと払い込みをして、その後2年前払いをし、また一月ごとで郵貯の学資保険料の振込みをすることもできます。
近くに窓口がない場合や、小さな子供が居て外出できない場合には、郵貯の学資保険についてネットで調べる事もできます。
インターネットでは、郵貯の学資保険の色々な情報が掲載されています。
払い込みのシュミレーションなどもできるようになっているので、郵貯の学資保険を検討している人には便利なシステムでしょう。

Powered by Movable Type 4.1